景気と不動産は仲良し

景気でわかる不動産価格


トップ » 景気でわかる不動産価格
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産と景気の関係。

不動産と景気の関係について考えてみてください。単純に考えると景気がよくなると、物件も売れますし賃貸需要も増えます。人の流れも増えますので、それだけ新築マンションや一戸建てなどが売れるようになります。悪くなったときには、もちろん不動産は売れなくなります。建設や住宅などの新規の供給が減ってしまい、こうした業界は動きが鈍くなります。ただ、リフォームや賃貸などの需要は底堅く、悪くなってきたからといってすぐに悪影響を及ぼすことはありません。大手企業では複数の事業を行っているので、こうした浮き沈みに対してのリスクが軽減されています。

住宅価格は景気によって変動する

不動産価格は景気の変動によって変わります。経済の指標ともなります。住宅価格の変動は個人消費をはじめ、経済動向を左右する要因となります住宅の販売・着工件数は金利やその他の外的環境に左右されます。金利が安いことや銀行など住宅融資・住宅減税が後押しになって住宅購入が増えてきます。景気が回復して人々の住宅への関心度が高くなると、住宅着工や販売件数が増えてきます。 国の経済政策によっても不動産市況が変動します。住宅購入と住宅ローン金利は関係します。経済の動向を示す指標となります。住宅販売件数は長期金利の動向に左右されます。