不動産被害について

欠陥の不動産を購入したら


トップ » 欠陥の不動産を購入したら
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

欠陥のある不動産の被害

不動産を買ってみたら欠陥住宅であったというようなトラブルは多くあります。ではこのような被害にあった時にどのように対処すればよいのでしょうか。まず、事前の段階で、設計した建築士とは別の建築士によく設計図をみてもらうなどのチャックをしておくことが大切です。登録住宅性能評価機関が構造の安定性などの住宅の品質を鑑定してくれる住宅性能表示制度の利用もよいでしょう。次に、不動産の被害にあってしまった後の段階ですが、この時はまず専門家に鑑定を依頼して鑑定書を作成してもらい、その後で自分で業者と交渉したり、建築工事紛争審議会という行政組織があるのでそこに相談して指導調停をしてもらったり、悪質な場合には弁護士をたてて訴訟を起すことになります。

敷金トラブルを回避するには

賃貸不動産に入居時に掛かった敷金を、退去時にトラブルなく清算してもらうためには予備知識が必要です。引越しの忙しさで、ついつい忘れがちな手間ですが、いくつか忘れずに押さえておきたいポイントを紹介します。まずは、引っ越し荷物を搬入する前には、部屋の現状をカメラ撮影しておきましょう。水回り、壁面、床の状態や、ドアの様子などを記録しておくと、退去時に自分の責任で作られた瑕疵でないことが不動産業者に証明できます。また、敷金トラブルを避けるために作られた「東京ルール」を検索して学習しておきましょう。一人暮らしですと、うっかり鍵を紛失してしまいがちです。退去時に、鍵をそろえて返却出来ないと、交換料金が敷金から差し引かれるので十分注意しましょう。