マンションの設備

マンションを購入する時期


トップ » マンションを購入する時期
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

最近のマンション事情とは

最近は戸建よりもオールフラットなマンションを選択する方が増えてきています。中でも、あえて新築は選ばず、リノベーションを施した築年数は30年超に達するものの、中身特に、お風呂、洗面、キッチンを総入れ替えし、間取さえも昔臭いまどりから今風のLDKを広く取った2LDK、3LDKの80平米超の当時は5000万程度した物件が3000万程度で売られています。高いイメージはぬぐえませんが、リフォームなしですと2000万程度ですが、不動産屋と内覧してもおそらく検討の対象にならないでしょう。

マンション大規模修繕工事で価値向上

マンションも新築から数年も経つと、徐々に外装の汚れやシーリング材の劣化も進んできます。これは建物で有る以上普通の事ですが、経過年数が長い程、外壁や設備関係の老朽化は避けられません。築10年を超えると、マンション大規模修繕工事を行う事は珍しくありません。マンション大規模修繕工事というと、おおげさに聞こえますが、要はリフレッシュ工事のです。外観や設備を新たにする事で、マンションの資産価値も上がりますし、きれいで使い勝手のよい家は住んでいて、とても気持ちの良いものです。